理解すべき副作用|これさえ把握すればバイアグラ通になってEDを防止

MENU

世界で初めてのED治療薬

バイアグラの通販方法ならバイアグラまとめ
バイアグラとは国際的に誕生したのが1998年となり、狭心症の療治目的で開発が行われていた成分シルデナフィルでしたが、一次の臨床で思った様な成果を見る事が出来ず、その後の研究からEDを治療出来る事が発見され男性の方専用の医薬品として上記の年に製品化され販売が始まり、初めて誕生したED治療薬だけにその作用も他のものよりも強めで有り、罹患者が内服した際に効いていると実感出来るとも言われ、国内でも愛用者が今でも多いとされています。
成分シルデナフィルの用量単位は最大を50mgとし他に25mgの用量規格での販売も行われており、持つ薬理としては陰茎にある海綿体に存在する酵素5型のホスホジエステラーゼを阻害する事が出来るとされ、阻害する事で海綿体に多量の血液を流入させる為に必要な血管拡張を起こす物質環状グアノシン一リン酸の分解を防ぐ事ができ、これにより物質優位な状態を継続する事で血液を海綿体に集中させる事が可能となり、挿入には十分とされるだけの硬度が現れ、維持する事が出来るED改善効果を得る事が出来ます。
又、この作用は内服したからといって強制的に起こるとはされず、あくあでも刺激や性的な興奮を催した際にのみ効果を発揮するとされ、当然男性の方は一度射精すると不応期とされる状態が有り勃起が解消されるので効き目が射精後に継続する事は無く一定の間隔を置いてからでないと再度、勃起状態発現に至る事は有りません。
バイアグラが効き始めるまでに必要な時間は約0.5から0.7時間とされ、血中内での濃度が最も濃くなるのは一時間から一時間半を経過した時点とされるので、内服目安は性交前の一時間程前とされています。
・内服するにあたっての注意点、禁忌薬
バイアグラ副作用症状は内服した方の殆どの方に起こるとされ、血管を拡げた事で血圧を低下させる事になるので頭痛を起こす事や鼻が詰まるや多いのが顔面紅潮が多いとされ、有る程度は作用により起こる副作用なので仕方の無い事とされ、効き始めの合図ともなるので性交出来る状態なのかを判断する材料とする事が出来ます。
重篤な副作用には勃起不能等が挙げられ、稀ですが四時間以上を経過しても痛みの有る勃起状態を継続している際には可能性が考えられるので医療機関受診が推奨されます。